バイアグラの副作用って?

腕を組んで考えこむ男性のイラスト
ED治療薬であるバイアグラがもつ血管拡張・ペニス周辺の筋肉の緊張弛緩などの作用によって、鼻づまりや顔の火照り・頭痛・動悸などを引き起こしやすくなります。

ただ、これらの症状は副作用でありながら軽度なので、効果の発現時に起こりやすい症状ともいえるのです。

作用時間が過ぎれば症状は落ち着いてくるため、副作用があらわれたと焦る必要はありません。

何も副作用がなければ、服用量が少ないか体質に合わないなどの理由から効果が得られていない可能性もあるので、興奮・刺激を受けて勃起できるか確認しましょう。

※このとき、効果がないという理由から1日の最大摂取量を超える服用は絶対にしないでください。

バイアグラの副作用に注意しよう

バイアグラ服用後、ほとんどの人に動悸や顔のほてり・鼻づまり・頭痛などが起こるとされています。

頭痛程度であれば、市販の頭痛薬や鎮痛剤を併用しても問題ありません。

いざセックスをするときには気にならなかったり、時間が経てば落ち着く場合もあります。

もし悪化したり作用時間が過ぎても症状が続く、などの異常がある場合には医師へ相談してください。

また目が光を受けたとき過敏になり、青っぽく見えたり緑と青の区別がつかなくなる視覚異常を起こす可能性もあります。

こうした症状も一時的なものであれば問題はありませんが、視力が急激に下がるようなことが起こった場合には早急に専門医を受診しましょう。

ED治療薬全般一般的な副作用は似ている

散らばるいろいろな薬の錠剤
これらの副作用はバイアグラに限らず、PDE5阻害薬に分類されるED治療薬全般にいえることです。

そのためバイアグラ以外の世界3大ED治療薬、レビトラやシアリスの副作用としても引き起こされる可能性はあります。

異なるED治療薬を服用しても、副作用が起こる可能性をゼロにすることは出来ないため、体調の変化には十分に注意する必要があるのです。

服用が危険な場合

セックス自体を避けたほうが良い方は、バイアグラを含むED治療薬の服用はしないでください。

心臓に疾患を抱えていたり、血圧のコントロールが難しい方、脳卒中や心筋梗塞などが既往歴にある方など、心臓や血管にあまり負担をかけられない方は危険です。

飲み合わせとしても、狭心症や心不全治療の硝酸薬(ニトロ)・抗不整脈の薬・抗真菌薬など一部の抗生物質を併用すると、血圧を過剰に下げる危険性があるため慎重に扱う必要があります。

他の疾患の治療期間であったり、服用している薬がある場合は一度医師へバイアグラなどED治療薬を併用しても問題ないか確認しましょう。

バイアグラ・レビトラ・シアリス服用後の副作用は違う可能性もある

いろいろな体勢をとっている人形
一般的に引き起こされやすい副作用の症状は、全般的に似ていても実際に起こるかどうかについては分かりません。

つまりバイアグラであらわれた頭痛がレビトラでは起こらなかったり、シアリスでは起きた鼻づまりがバイアグラでは起こらなかったりするのです。

ただし、PDE5阻害薬という基本的な作用が似ている以上は、多少度合いが違っても服用後の動悸はバイアグラでもレビトラでもシアリスでも起こる、という場合もあります。

さらにはそのときの自身の症状や体調によっても、副作用のあらわれ方にも変化があるでしょう。

そのため違いがある可能性について理解し、副作用が起こった時の正しい対処法を知っておく必要があります。