バイアグラの飲み方を学ぶ

水の入ったグラスを持つ右手
バイアグラをはじめとする、ED治療薬には正しい飲み方があります。
それは水やぬるま湯で服用すること以外にも、1日の摂取量や服用のタイミング・つぎに服用するまでの時間の間隔などさまざまです。

同じED治療薬であっても、有効成分が違えば成分量や作用時間・効き始めまでの時間によって推奨されている服用のタイミングがあります。

バイアグラやレビトラ・シアリスという世界3大ED治療薬の正しい飲み方を知っておきましょう。

バイアグラの飲み方を知っておこう

セックスの約1時間前に、1錠(25mg~100mg)を水かぬるま湯で飲んでください。

1日1回最大でも100mgまでで、1度飲んだら必ず次の服用まで24時間以上は間隔をあける必要があります。

飲んだ後は30分程で効果があらわれ始めて、1時間程でピークを迎えるのです。

作用時間は約4~6時間とさほど長くはありませんが、空腹時・ノンアルコール時に飲むことで勃起力に優れた高い効果を得ることができます。

食後の服用では食事の影響を受けて、効果が半減してしまう可能性もあるためセックス時の空腹を避けたい場合は、食事の30分以上前に服用しましょう。

すると、食事の時までには十分にバイアグラの成分は体内に吸収されているため、食事の影響を最小限に抑えて、高い効果を得ることができます。

時間に余裕があるときは、食後2~3時間後に飲むことで問題なく効果を得られるでしょう。

バイアグラの特徴を知り、食事とセックスの時間から計算して飲むタイミングを計ることも大切です。

⇒お得なバイアグラジェネリックについてはこちら

レビトラの飲み方をご紹介

指示棒をもって説明している男性の手元
レビトラの場合も、セックスの1時間程前の服用が推奨されていますが効果は20分~40分程度で効き始めます。

1回に1錠(5mg~20mg)水かぬるま湯で飲むことで、10mgなら5~6時間程度・20mgなら8~10時間程度の持続作用を発揮してくれるでしょう。

ただし持続時間は摂取量の目安であり、その日の症状や体調によって変動があることを理解しておいてください。

また1日の最大量が20mgとなるので、それを超える量の服用は絶対にしてはいけません。

食事の影響は受けにくいレビトラですが、なるべく食前20~30分程度・食後なら2~3時間程度の間隔をあけた空腹時の服用がおすすめです。

1度飲んだ後は、バイアグラ同様で24時間以上の間隔をあけて次の服用をするようにしましょう。

⇒お得なレビトラジェネリックについてはこちら

シアリスの飲み方をご紹介

バイアグラやレビトラとは違って、持続性が高いシアリスはそれほど服用のタイミングに慎重になる必要はありません。

比較的、飲むタイミングを計りやすい食事の1時間前か2時間後に飲むことで、最大36時間の持続作用という高い効果を発揮してくれるでしょう。

1回に1錠(5mg~20mg)を水かぬるま湯でセックスの3~4時間前に飲んだら、24時間~36時間は次の服用まで間隔を空けてください。

このときレビトラ同様、1日の最大量である20mgを超える量の服用は絶対にしないようにしましょう。

長時間作用するため、効き始めまでに時間が必要なのでバイアグラやレビトラと比べて時間に余裕をもって早めに飲むことがおすすめです。

⇒お得なシアリスジェネリックについてはこちら

バイアグラ・レビトラ・シアリスの飲み方で大切なこと

カラフルなチェックマークをつけている手
有効成分が異なるバイアグラ・レビトラ・シアリスですが、いずれもED治療薬として高い効果を持っています。

正しい飲み方を理解し、実践することで高い効果を最大限に得ることができるのです。

特に食後の服用では、あっさりした和食系に抑えたり腹7~8分目程度で抑えることも効果を引き出しやすくなる、という工夫も知っておきましょう。

そしてアルコールは、飲み過ぎるとせっかくのED治療効果が得られなくなる可能性もあります。

そのためバイアグラやレビトラ・シアリスなどの服用をする場合、飲酒は控えることがおすすめです。

正しい飲み方をおこなうことは、身体への負担を最小限に抑えて高い効果を得るための方法でもあるので、きちんと守るようにしましょう。